東京スカイツリーの避難経路は何段?

ae947c6ec93b28ae296428353253d3e8_s

2012年5月22日にオープンした東京スカイツリーですが・・・

開業前はよく「自立式電波塔では世界一」と紹介されていましたが、
「自立式って何?」と思った人もいたことでしょう。

自立式とはそれ自身の構造だけで立っているもののことです。

ビルの屋上に立っている電波塔などは「支線式」と呼び、
塔本体が倒れないようケーブルワイヤーなどの視線で支えているのです。

その支線式電波塔では、現在アメリカの KVLY テレビが世界一で、その高さは623.8M。

東京スカイツリーは計画当初高さ610メートルだったため、「自立式電波塔としては」というただし書きがついていたのです。
それが結局は634メートルになったので、現在では名実ともに世界一高いタワーとなっているのです。

ところでその高さ故に不安なのが災害時の避難経路ですが、スカイツリーにも非常階段が設けられています。

場所はタワー中心部にある「心柱」の内部です。

地上から上空450メートル地点にあります。

天望回廊までをつなぐ避難階段の数は2523段で、
万が一の時は、その長い長い階段をひたすら降りることになるのです。

ただスカイツリーは、地震の場合、心柱システムで揺れが軽減されるように設計されている上、避難階段の途中に待機場所が設けられるなど状況に応じた対策も用意されているので、過剰な心配は必要はないようです。

安心しましたね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする